海づり広場EVENT & TOPICS

2019年10月7日(月)2019年さくらねこ♥TNRを実施しました

【公園の野良猫対策】
鳴尾浜臨海公園南地区では今年も公益財団法人どうぶつ基金と協同し、2019年度公園内(海つり広場)に住み着いた飼い主のいない猫(野良猫)3頭の不妊・去勢手術を行いました。

園内で繁殖しないよう、また発情期の鳴き声などトラブルを軽減するための取り組みです。

不妊の証に、耳先をV字にカットします。カットされた耳の形が、桜の花弁に似ているため「さくらねこ」と呼びます。

TNRの意味は

T・・・Trap(トラップ)捕獲のこと

N・・・Neuter(ニューター)不妊・去勢手術のこと

R・・・Return(リターン)元の場所に戻す

以上の頭文字をとったもので、手術後に元の場所に放して地域猫としての生を全うしてもらうことが本来の趣旨です。

 

ですが今年は、母猫がある程度大きくなった子猫たちを連れて海づり広場になじみ始めたのを機に捕獲の準備をしていた頃、去年TNRを受けた一年先輩の猫たちが激しく威嚇や攻撃をするようになってしまいました。自分たちの縄張りを荒らされると感じたのかもしれません。

手術の予定日まで狭いですが捕獲機の中で過ごしてもらいました


警戒心一杯の顔をしています

 

せっかく捕獲に成功して手術後に同じ場所に放しても、このままでは先住猫に攻撃されて弱い子は長くは生きられないかもしれないと判断し、やむなく里親を探すことにしました。

 

幸い、武庫之荘の「保護猫カフェ Rohl Park」さんに3頭全員の引き取りを了承いただけました。引き取った猫を家猫として慣らし、里親希望の方へ橋渡ししてくださるNPO法人です。

 

3頭をお渡しして数日後に様子を伺ったところ、すでに環境になじみ、そのうち2頭は抱っこが大好きになっていました。案外早くに新しい家族に迎えてもらえるかもしれません。

抱っこ大好き!


猫カフェRohl Parkさんにて。他の猫とも仲良くしています

 

幸せになってくれることを願っています。

 

リンクはこちら

公益財団法人どうぶつ基金 さん

 

保護猫カフェ ROHL PARK さん

  • この記事をシェアする